シースリー 梅田

毛膿炎(もうのうえん)とは

脱毛処理をした際などに、毛穴から細菌が入り込んで毛根の周囲に赤み・腫れ・化膿などの炎症を起こすことをいうそうです。にきびと違う点は、にきびは、にきび芯(毛穴が角栓で詰まりそこに皮脂がたまる)というものができるそうですが、毛膿炎は、そのにきび芯がない炎症のことをいうそうです。

 

毛膿炎になる原因

不潔な環境でのムダ毛の脱毛処理により傷ついた皮膚に細菌が侵入したり、無理に毛抜きで毛を引き抜くと毛穴を広げそこから細菌が入り炎症してしまうそうです。特に自己処理する場合は、衛生面に注意が必要になり、清潔感のあるサロンやクリニックを選ばないといけないです。

 

もし、毛膿炎になってしまったら・・・

赤みや腫れ、痛みがある場合は、きちんと医師に診てもらい適切な処置をしてもらう必要があるそうです。それを怠ると患部が広がったり傷跡が残ることもあるそうですので十分な注意が必要です。

 

>>ドクターサポートも受けられる安心の脱毛サロンはこちらです♪